FC2ブログ

ブーツを履いた巨大な女の子 

ロングブーツ&巨大娘&街破壊という3つの絶対的キーワードにのみ特化したフェチ度満点のコアなサイトです。                             ■ご注意■  至る所に成人描写を含みますので未成年の方は閲覧をご遠慮下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

破壊の快楽女神vs防衛軍 (後編)

(33)P1040663.jpg
"ズドーン"
クレアに向かって砲撃する大戦車部隊

(34)P1040672.jpg
「きゃあ!」
レーザー弾がクレアの腹部にヒット。

(35)P1040673.jpg
「いやあん」
建設中のマンションに倒れこむクレア嬢

(36)P1040675.jpg
”バキバキバキバキ#$%&~"
なんとクレアの巨大な体が建設中のマンションを押し潰してしまう!!!

(37)P1040677.jpg
「ああん、壊しちゃったわ」
そう言いながらも、自分の巨大な体で建物を破壊したという圧倒的な支配感に独りウットリするクレア。

(38)P1040680.jpg
ムックリと起き上がったクレア、自らが押し潰して破壊したマンションに追い討ちをかけるようにブーツで踏みつける。

(39)P1040686.jpg
「フン、こんなややこしいもん作る方がわるいのよ。みんなブーツで踏み潰してやるんだから」

(40)P1040587.jpg
「痛いじゃない! よくもやってくれたわね!」
そういってブーツの足元の戦車に手をかける!!!

(41)P1040589.jpg
そして軽々と持ち上げるクレア。

(42)P1040590.jpg
グワッシャーン★ミ
なんとクレアは戦車を住宅に投げつけたのだ。住宅は一撃でガレキと化し火の手もあがる!!!
「ぎゃはははっ。 アタシに逆らうからよ。思い知ったかしら?」

(43)P1040593.jpg
自らが投げつけた戦車を民家もろともブーツ足で何度も踏みつけて破壊するクレア。
「えいっ。えいっ。」執拗なまでにブーツで踏みつけるクレア。無表情のまま何かにとり憑かれたように
暴れまくる彼女を誰も止める事ができない。

(44)P1040625.jpg
大戦車部隊も彼女のブーツの下で粉々に!!

(45)P1040600.jpg
「ウフフフ。こんなもんでアタシに勝つと思ってるのかしら?」

(46)P1040604.jpg
次々と戦車を踏み潰すクレア。 彼女のブーツ脚攻撃こそが無敵なのである。

(47)P1040605.jpg
「きゃはっ。こんな事だってできちゃうんだから」
ブーツで戦車を挟んで余裕を見せるクレア。 巨大な破壊の女神の前でいかなる最強を謳う防衛火力を投入しようとも、所詮コビト星。 クレアにとってはただのオモチャ。 ブーツ足で踏み潰されておわりなのである。

(48)P1040610.jpg
「アタシは支配者。」失敗ばかりの正義のヒロイン時代のプレッシャーからの精神開放を大破壊という結末に変えたクレア。ひっくり返された戦車に乗せたブーツの靴底から不気味な征服感を感じるクレア。

(49)P1040639.jpg
今度はお尻でのペシャンコ攻撃を繰り出すクレア。

(50)P1040609.jpg
遂に大戦車部隊を自らのエロいカラダを使った様々な攻撃で全滅させたクレア。

(51)P1040497.jpg
「ああ~ん。チョーキモチいいわ。もうブーツの中もアソコもグチョグチョになっちゃたワ。。。」
そういって大戦車部隊をブーツ脚で下敷きにしたまま倒れこむクレア。 変態女王のクレア、艶かしく太ももをよじりながら悶える。。。

(52)P1040498.jpg
自らの大破壊行為でガレキと化した街で一頻り果てるクレア。 悪行の限りを尽くした巨大な女神は大満足のまま宇宙へと去っていくのである。 次はいったいどの星の街が狙われるのか!(後編おわり)
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2012/10/20(土) 01:14:11|
  2. 巨大娘破壊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

破壊の快楽女神vs防衛軍 (前編)

(16)P1040556.jpg
破壊の快楽にすっかり魅了されているクレア。 次々と家やクルマを踏み潰す。
するとどこからともなく叫び声が聞こえてくる。
クレアが足元をグルリと見渡すと、なにやら正面の市役所の屋上に数名のコビト達の姿が。
「もうやめてくれー! これ以上街を壊さないでくれー!!」

(17)P1040557.jpg
なんとそこからクレアに向かって破壊行為を止めるように頼んでいるこの街の市長やその取りまき達の姿があった。「正義のヒロインじゃなかったのかー!? なぜこんなことをするんだー。街を壊すんだったたらもう星へ帰ってくれ!!!」

(18)P1040687.jpg
正義感に溢れる市長の毅然とした態度にハッとさせられ。。。

(19)P1040559.jpg
。。るワケもなく、クレアは美しい脚を高々と持ち上げ...。

(20)P1040561.jpg
バギバギバギ#$%&★~
周囲に轟音が鳴り響く!! 屋上にいた市長達もろともブーツ脚で市役所を破壊するクレア。

(21)P1040566.jpg
「キャハハハハー。ゴチャゴチャうるさいから踏み潰してやったわ。だいたい正義のヒロインなんてやめたんだからどうだっていいワ。 もっと暴れてやるんだから。」

ブーツ脚で建物を破壊するクレア。街を蹂躙(じゅうりん)する巨大な悪魔となったクレア。

(22)P1040645.jpg
建設中の工事現場に現れたクレア。
「あーマンション作ってんだー。うふふふ。。。こんなの見るとちょっといじわるしたくなっちゃうのよねー」

(23)P1040647.jpg
「よいしょっと★」
建設中のマンションを防音シートの上からまたぐクレア。
建物をまたぐ行為こそがクレアが最も好む事である。 身長50m超のクレアの股下に挟まれた建物は全て一瞬のうちに彼女の支配化に置かれる。 「押し倒そうかな? 踏み潰そうかな? 叩き壊そうかな?」その征服感に言い知れぬ破壊妄想という悦びを感じてしまう変態女王なのである。 

(24)P1040666.jpg
ババババババババ~
なな、なんとどこからともなくヘリが飛来!! 軍用ヘリのようだ

(25)P1040668.jpg
1960年式UH-1 最新非武装輸送専用ヘリの猛烈なガトリング砲掃射、ロケットランチャー弾、マーヴェリックミサイル等の最新火力による猛攻を受ける巨大クレア。

(26)P1040669.jpg
全く怯んでいないクレア。逆に至近距離に引き付けられ、あっさりと捕獲されてしまう。

(27)P1040671.jpg
ガシャン★
地上に叩き落とし、ブーツで踏みつけるクレア。

(28)P1040581.jpg
「フン、こんなもん。踏んづけてやるワ」

(29)P1040582.jpg
"キュラキュラキュラ...."
なんとこの星の防衛軍が誇るあの宇宙バルチック船団を撃破した無敵の大戦車部隊が登場!
クレアいよいよ大ピンチ到来か!!!!

(30)P1040620.jpg
巨大なクレアの足元まで迫る無敵の大戦車部隊。 砲身をクレアに向ける。

(31)P1040624.jpg
何しろ無敵の大戦車部隊。相手が巨大女でもひるまない。
ドンッ...ドンッ... 最新鋭30ミリ砲が火を噴く!! 
少しづつ後退するクレア。 一気呵成に攻勢をかけたい防衛軍大戦車部隊!!!

(32)P1040585.jpg
クレアが後ずさりしたのは、あまりの非力さに拍子抜けしたためだった
「目障りね。一気にアタシのブーツで踏んでやるとコイツらびびるかな~」

そういって足元に迫る大戦車部隊を見つめて冷ややかに微笑むクレアだった。
(後編へ続く)
  1. 2012/10/13(土) 00:13:58|
  2. 巨大娘破壊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正義の巨大ヒロインが街を破壊!? 変態巨大女神(後編)

(1)P1040443.jpg
再び線路に現れたクレア。走ってくる電車を狙う!

(2P1040446.jpg
「こんなもん踏み潰してやるわ」
電車の上に脚をかけ、その巨体の全体重ををブーツのつま先に預ける!!

(3)P1040448.jpg
グシャリといとも簡単にひしゃげる電車。
「ウフフフ。今のアタシなら何だってできるのよ」

(4)P1040456.jpg
クレアは破壊した電車を住宅街に投げつけ、おもむろに足元の住宅の屋根に足を乗せる。

(5)P1040459.jpg
バキバキバキッ!!!
家を踏み潰すクレア。
街を破壊する度に快感をおぼえ、すっかり濡れ濡れ状態の悪い姫。クレア

(6)P1040465.jpg
「えいっ★えいっ★」
「アタシに逆らうからこうなるのよ!! 罰として街を壊します。」
執拗なまでに住宅を踏み潰すクレア。

(7)P1040469.jpg
「どうかしら?アタシにかかれば簡単に家なんてメチャクチャに壊せるのよ」
そういって破壊した住宅を見下ろし、小人たちに言い放つクレア。
「ああん。でもお楽しみしすぎちゃったからブーツの中が汗でグチョグチョになってきちゃったワ。。。」

(8)P1040472.jpg
「今度はアタシのお尻でぶっ壊してやるんだから覚悟して!」
そういって隣の家に腰掛けるクレア。

(9)P1040475.jpg
バギバギグギ#$%&~ッ
木材が折れる乾いた音と共に押し潰される木造住宅。

(10)P1040477.jpg
立ち上がり、念入りにブーツで踏みしだくクレア

(11)P1040481.jpg
「家ばっかりじゃツマんないからビルもぶっ壊してやるんだから★」
そういって腰の高さにも満たない近くのビルに手をかけるクレア。

(12)P1040482.jpg
5階建ての4階部分の窓をブーツの先で割り、そのままめり込ませる。 
下の小人たちから濡れ濡れのパンティーが丸見えになっていても、今はただの変態巨大女でしかないクレアにとっては気にもならないのである。。。

(13)P1040488.jpg
ブーツ脚をビルに突っ込み、一気に体重をかけて床を踏み抜いて破壊するクレア。

(14)P1040491.jpg
「アアン...き、キモチいいワ。。。もう。。だめだわ。。ここで。。。したくなっちゃう。。スゴイわ。こんなビルだって壊せるんだわアタシ」
クレアの足元には破壊したビルがガレキとなって粉々になっていた。

(15)P1040494.jpg
「ああん。すごいわ。。みんな。。。アタシが壊したのね」
彼女の美しいロングブーツ脚の下に広がるガレキの山を見つめてそう呟いた。
まさにクレアはこの時、この破壊された街の中でオ〇ニーをしたくてたまらない程快感がピークに達していたのだ。
この変態巨大娘にこのまま街は全滅させられてしまうのか。。。
遂に正規軍による反撃の火蓋が切って落とされようとしている事をこの変態女神はまだ知らない。。。
変態巨大女神(後編)おわり

---
●次回予告「存亡をかけた戦い 変態巨大娘vs防衛軍」

  1. 2012/10/06(土) 03:26:06|
  2. 巨大娘破壊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ネコ吉田

Author:ネコ吉田
わざわざ当サイトへようこそ。 
本サイトは私、猫吉田の抱く変態妄想を具現化するためのいわば日記のようなものです。
「女性のロングブーツへの強いこだわり」、+「巨大女性」+「破壊願望」+「性的興奮」の4強というべき Must Itemsを織り込んでいます。特にこのサイトでは低予算で画期的な手法を使ったフェチコンテンツの制作を目指しています。
日々精進していきたいと思っていますのでコアなファンの方のご支援を宜しくお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
巨大娘破壊 (19)
猫ヨシダの妄想癖 (3)
巨大娘レズ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。